交際クラブファビュラス東京 Fabulous Tokyo / シュガーダディクラブ

交際クラブファビュラス東京 Fabulous Tokyo / シュガーダディクラブ / 03-6432-9876

交際クラブの魅力Kousai Club Content

結婚におけるひとつの目的達成は「子供ができること」

よく結婚にゴールはない、なんて言葉を耳にしますが…「子供ができる」とうのは、結婚におけるひとつの目的達成ではあると思います。ということで、今回は子供に関するあれこれをご紹介していきたいと思います!

では子供ができやすい「タイミング」はあるか?そのことを専門家に聞いてみると…「排卵日の3日前ぐらいから性交渉を持つと、妊娠の可能性が高まります。」そして、もともとの性交の数も大いに関係しているとのこと。
「週に2~3回くらいセックスがある夫婦なら、精子がいつも女性の体内にある状態なので、いつ排卵しても妊娠できる状態にあります。そうした状態にある夫婦の妊娠確立は1年間で約85%と言われています。」ということは、当たり前ですが、逆にセックスの回数が少ない夫婦は妊娠の確率も低くなる、ということのようです。

また年齢も関係があり、年齢とともに卵子は老化していき、妊娠の確率は必然的に低くなるそうです。若い夫婦で自然な性欲があるなら、排卵日にあわせて無理にセックスをするよりも、その回数自体を増やしたほうが妊娠しやすい、ということのようです。
では子供ができたら…次に考えるのがやはり「名前」ですよね。ということで、2018年の名前ランキングをご紹介してきたいと思います!

男の子
1位 蓮(れん)
2位 大翔(ひろと)
3位 陽翔(はると)
4位 樹(いつき)
5位 湊(みなと)
6位 大和(やまと)
7位 悠人(ゆうと)
8位 悠真(ゆうま)
9位 陽太(ようた)
10位 蒼(そう)

女の子
1位 葵(あおい)
2位 結菜(ゆうな)
3位 陽葵(ひまり)
4位 咲良(さくら)
5位 芽依(めい)
6位 結衣(ゆい)
7位 凛(りん)
8位 結愛(ゆあ)
9位 陽菜(ひな)
10位 莉子(りこ)

男の子1位の「蓮」は、なんと3年連続首位をキープしている、いわば定番の名前!。5位以内のものはすべて昨年もトップ10にランクインしていた名前なんだそうです。少し前には「きらきらネーム」なんて言葉が流行っていましたので、そのブームは少し落ち着いたように思えます(笑)それでも読み方などには工夫が見られますよね。
そして画数をよく調べる、なんてことを言いますよね。この画数を調べるにはいろいろな方法、決まりがありますが、女の子の場合、総画数が16・23・32画は大吉数と言われていて、非常に強い画数だそうです。この画数の人は、社会にでても活躍するバイタリティを持っており、男性を必要とすることなく仕事優場でもバリバリ働くような女性になる、と言われています。

では子供を育てるには…いったいいくらかかるのでしょうか?今回は簡単に説明いたしますが…ざっとこのくらいかかるそうです。

■出産から22年間の教育費
出産・育児費用:91万円
食費:670万円
医療費:140万円
保険医療、理容美容:190万円
お小遣い:450万円
私的所有物代:93万円

こちらがおおよその値段、ということですが、合計すると…1600万円以上かかる計算になります。ですがあくまで計算上ということなので、実際には3000万円以上はかかる、なんて意見もあります。

「子供は宝」といいますが、それだけに費用もかかるんですね!みなさんも、結婚する前にちょっと子供のことも考えてみてはいかがでしょうか。今回はざっとご紹介していきましたが、また機会があれば姓名判断(画数)や子供の養育費などをじっくりご紹介していければと思います!

PAGE TOP